準中型免許とは

平成29年3月12日に施行される新たな自動車免許の1つです。準中型免許は18歳から取得可能であり、普通免許と中型免許の間に位置付けられます。準中型免許の新設の目的として、1つは交通事故の削減です。ここ数年で、普通自動車の事故の割合が少しですが減っている中、中型・大型の事故割合がなかなか減ることがありません。そして中型免許者の中でも若いドライバーの事故割合が多いからです。中型・大型は運転経験が必要なため、若いドライバーには厳しい所になります。それを減らすための新設となっています。2つ目は若年層の雇用を促すためです。中型免許を要する仕事は20歳以上でないと仕事が出来ません。それの解決策になるのが準中型免許です。この免許があれば高卒からの採用が可能になり、若い労働者を増やしていき、運送・物流業界の労働者不足の解決の一歩となります。また、18歳から運転することで中型・大型に必要な運転経験の解消につながることが見込まれています。

準中型免許で運転できる車

準中型免許は主に普通貨物・小型トラックなどです。近距離配送に使われる宅配便・コンビニ配送などのトラックも使用されています。運転できる車は、乗車定員10人以下、最大積載量が2.0トン以上4.5トン未満、車両総重量が3.5トン以上7.5トン未満になります。中型・大型トラックは乗ることが出来ませんが、2トンショート・2トンロングリフト・2トンワイドロング・パッカー車・2トンユニック車・保冷車・小型消防車・高所作業車・散水車・2トン貨物トラック・2トントヨエースなど乗ることが可能になります。他にもキャンピングカーに影響が出ます。各種のバスコン、2トントラックがベースのキャプコンは総重量が3.5トンを超えるため乗ることが出来ます。最大積載量が2.0トン未満であっても車両総重量が3.5トンを以上の場合は準中型免許が必要になります。この車両総重量が7.5トン未満なのは、7.5トン以上になると死亡事故率が高くなっています。サイズ・大きさや後写鏡・エアブレーキなど車体が大きく変化するため高度な運転技能が求められます。車格が変わるラインでもあるため、7.5トンが妥当であると考えられます。

普通免許との違い

普通免許にとって道交法改正前後による一番の違いは車の乗れる範囲になります。改正前は最大積載量が3.0未満で車両総重量は5.0未満でした。ですが、改正後には最大積載量が2.0トンで車両総重量が3.5トン未満になってしまいます。乗車可能な車は、乗用車・ワゴン車・ライトバン・軽トラック・原動機付自転車などに限られます。以前まで乗れていた小型トラックなどは準中型免許者が乗るため、普通免許では乗車不可能になってしまいます。ただ、平成19年6月以降に取得した普通免許者は、5トン限定の準中型免許とみなされ、車両総重量が5トン未満のトラックが可能となります。また、現行の普通免許を所持する人が準中型免許を取得する時は、学科教習・学科試験が免除され、技能教習の第1段階ではAT限定免許者は8時限でMT免許者は4時限、第2段階では両方ともに9時限まで短縮されます。新制度のAT限定免許者は17時限でMT免許者は14時限に短縮されます。現行の普通免許所持者が5トン限定解除を受ける場合は技能教習の第1段階で終了となります。