楽しくシッカリと免許取得

免許取得までで一番苦労したことは自主学習や暗記といった集中することです。
もともと集中力のない私は、勉強が嫌いであり合宿免許で同じ宿になったメンバーと問題の出し合いをしてましたが
中にはヤンチャな人が数人いてその場の空気に流されてしまい30分もたたずに遊んでしまっていました。

結局、問題を覚えることができずに何度も間違ってしまったり、勘違いして覚えてしまった事も多々ありました。
他のヤンチャなメンバーは暗記が得意ですぐに問題が解けていて、正直その時私は焦っていました。
他のメンバーとの差が開いていくのが日に日に実感してきて段々と不安と緊張で眠れなくなってしまいました。
何とか試験に合格したものの遊びまくっていた私は、しっかり覚えることができずに実技試験で何度も標識を間違ったり、勘違いで覚えたことで教官に何度も叱られました。

楽しかったり不安ありの合宿生活

楽しく過ごせた事は本当によかったのですが勉強はしっかりとしないといけないと改めて感じました。
合宿免許で楽しかった事は、合宿生メンバーとした会話です。
みんなで輪になって怖い話や面白い話、みんながそわそわした恋愛話など全て面白かったです。
教官が元暴走族らしいという噂を聞いて実技の時にみんな急に真面目になったり恋愛話をしている時に、メンバーが急に告白して振られてみんな気まずい雰囲気になったり本当に話した事すべてが面白かったです。
初めて自動車を運転することもかなり楽しみでした。しかし、慣れない環境や初めてという不安があり最初は楽しめなかったのですが教官と会話しリラックスしながらできた運転は結構楽しかったです。
自分が路上に出た時もしっかりと運転ができるか不安でした。でも、厳しくも優しい教官のおかげで運転が楽しいと感じることができました。

ワンポイントアドバイス

受付にいた綺麗なお姉さん、バス運転のお爺ちゃんや合宿生メンバーに支えられて卒業することが出来ました。ここで出会ったメンバーともたくさん思い出ができ、一生の思い出となりました。
合宿免許の約2週間は本当にあっという間に過ぎてしまいます。その間にしっかりと学び最短で合格したほうがいいですよ。
そのためにしっかりと準備をしていったほうがいいです。
まず着替えや必要最低限の日常品、現金よりはキャッシュカードの方が便利です。それと必要な書類や印鑑などは絶対に忘れないように事前に準備するべきです。
人見知りする人なら友達と参加したほうが有意義に進むこともあるため友達と一緒に参加するのもいいと思います。

余計なアドバイスかもしれませんが合宿生メンバーや教官と楽しく学んでいくことも大切です。
みんなでたまには息抜きなどもしながらやると楽しいですよ。
もし二輪車免許の合宿免許を取る人がいれば仲良くなればツーリング仲間が出来るかもしれません。
旅行気分で参加すると特に緊張することもなく気楽にでき楽しめると思います。
勉強することしっかりと合格することが一番ですが、楽しみながら気楽にいけば、合宿免許に来てよかったといい思い出になると思います。