合宿免許では短期集中の出来る良い環境が大事

2週間で取得できる、というフレーズに惹かれて行ったはいいものの場所は冬の秋田。雪も多かったし、送迎の車が合ったもののお昼の際の移動など徒歩で大変でした。空き時間がある時には散策でもしようと思い歩いてみたのですが、なかなか立ち寄れそうなお店が無かったです。

また、時間制限がある中での免許取得は精神的に少し追い詰められました。パーフェクトにこなしくて行く人は予定通りの日程に卒業していきましたが、私は仮免許の時点で失敗して1日延長で卒業となりました。同じ日に入校した人たちを見送るのは少しさみしかったです。

筆記試験も必死に勉強した記憶があります。せまいホテルの一室や、教習所の自習スペースなどで勉強しましたが、普段とは違う雰囲気の場所であまりはかどりませんでした。

自分が普段住み慣れた場所から離れて免許を取るなら、だれか知人が一緒のほうが良いと思いました。すこし心細かったのも、筆記試験の勉強がはかどらなかった原因だったのかもしれません。

私が一番楽しみにしていたことは食事でした。私が申し込んだ合宿免許のコースは、3食全て込みのもので、その都度食事のタイプを選べるのがすごく嬉しかったです。また、秋田の教習所だったのですが、郷土料理も堪能でき良い体験となりました。

普段とは違う雰囲気の風景をみることもまた一興でした。また、同じ日に入校した生徒さん達との関わりあいも楽しかったです。確か私の他に3人程いたと思います。少ない人数でしたが、その分仲良くなれたました。

試験などで不安な時に励まし立ったり、一緒にご飯を食べたりしたことが息抜きになりました。私が宿泊していたのは、教習所の近くにあるビジネスホテルだったのですが、そこの従業員さんやレストランのおばちゃんもとても親切にしてくれ、ホテルに帰ると安心できました。

何よりこの合宿免許のおかげ、秋田の風土や人が大好きになりました。また機会があれば行ってみたいと思っています。素晴らしい人との出会いは、合宿免許の醍醐味といえます。

季節と場所をよく考えてほうがいいです。雪の降る地域であれば冬は避け、夏が暑い地域であれば夏は避ける。これはかなり大事だと思います。建物内で待つことや自習することが多いとは言え、外で待つことや移動もあるので。

また、短い期間であるとはいえ、宿泊環境が良いところをオススメします。人間疲れた時に、寝る場所がお粗末だと色々なことに影響を及ぼすと思います。

私は個室にして良かったとしみじみ思っています。複数人同部屋で、トラブルを起こすような人がいないとも限らないですし。せっかく短い期間で取ろうとしているのだから、集中出来そうな環境が良いのではないでしょうか。また、教習所で仲良くなった人がいたとしても、適度な距離を保つ事が大事です。

私の場合、周りの教習生たちは気さくだけれども我関せずみたいな感じだったので、無駄話をしたり教習時間外に会って遊ぶようなこともありませんでした。友人と合宿免許に参加する場合は、本来の目的から外れないよう、お互いに理解し合える人を選ぶことも大切です。